不動池

九州南部のえびの高原北東部にある直径約200メートルの火山性湖沼。周りを高さ約20メートルの急斜面に囲まれており流入流出する川はない。雨の少ない冬期には水位が約2メートル低下し、1月から2月にかけて結氷することもある。水質は強い酸性(pH=4.5)。強い酸性水質のために生物は少ないが、ハリミズゴケ、ウマスギゴケ、ユスリカ、ゲンゴロウなどが確認されており、生物種数は年々増加傾向にある。池岸の地質は輝石安山岩であり、池底には火山砂礫が堆積している。生物が少ないことと砂礫地質のために透明度が高く、水深が比較的大きいことから特徴的な濃い青色をしている。近くを県道1号が通っており、池を見おろす駐車場付近は日中多くの見物客で賑わう。

カテゴリー

アーカイブ

月を選択