カジノリゾートへの旅ベスト7

旅行は誰にでも楽しめる最も素晴らしい経験の一つです。わずかな予算でも予算の使い方次第では好きな場所を訪れることが可能です。ただし、計画を怠ってしまうと、現地についてから予想以上のお金を使ってしまうこともあります。そうした旅先は非常に豪華で高級な施設であることが多いです。その一例がギャンブルの街やリゾートです。

米国、カナダ、カリブ海地方、ヨーロッパにある一流のギャンブルスポットは、カジノだけにとどまりません。以下に紹介する7つの場所では、素晴らしいロケーション、一流レストラン、太陽とビーチ、スパやゴルフコース、その他のアトラクションが楽しめます。ぜひチェックしてみてください!

  • アメリカのラスベガス

ラスベガスは寝ない街として世界的に有名です。米国のラスベガスはギャンブラーたちのために創り出された場所と言っても過言ではありません。砂漠の真ん中にありながら、この街ではお金の使い道に悩む必要は全くありません。数多くのカジノ、豪華ホテル、高級品店舗が観光客を1年365日待ち受けています。

  • バハマ

バハマのパラダイスアイランドに10万平方フィートのアトランティスがカリブ海地方最大のカジノとして新たにオープンしました。アトランティスには1,000台近いスロットマシンと3,000近い客室があり、大人専用のタワー、有名人シェフのレストラン、巨大な水の遊園地、イルカの生息場所などの施設も含まれています。

  • モントリオール

カナダのモントリオールにはカジノがモンレアル賭博場1軒しか在りません。ゲームテーブルでは会話がフランス語で行われますが、ほとんどのギャンブラーたちはお金がかかっているとなると気にしないでゲームに集中します。カジノの他にも、二ヶ国語圏の洗練された街モントリオールには一流ホテル、店舗、素敵なレストランが集まっています。

  • マカオ

ラスベガスは「西のマカオ」と呼ばれることがありますが、マカオもよく「アジアのベガス」と称されます。ラスベガスとマカオの大きな違いとして、マカオには皆ギャンブルだけを目的に訪れます。ラスベガスと比べて、かつてポルトガルの植民地であったマカオには2016年に3,000万人しか観光客が訪れていません。その後、マカオのギャンブル収入が増大し、桁外れの贅沢なライフスタイルを送っている富豪が多々居ます。カジノだけがマカオの特徴であるとは限らず、マカオはグルメ料理でも有名です。

  • アルバ

アルバはカリブ地方で最も多くのカジノが存在する島で、どの主要ホテルにもカジノがあります。旅行がギャンブル目的であるなら、ルネッサンス・アルバが良いかもしれません。アルバのビーチに立地する全てのホテルのうち、ここのカジノだけが24時間営業で、ロケーションも街の中心部で便利です。このリゾートは水上タクシーで8分のところにプライベートアイランドまで保有しています。

  • モンテカルロ

ギャンブルが目的の旅ならモンテカルロ以上の素晴らしい場所はありません。この場所には超一流のホテルと非常に高額のヨットが集まっています。モンテカルロへ行くなら財布に現金入れ忘れないでください。絶対に必要になります!

  • カンクン

陽光溢れるこの素晴らしい都市は、太陽とビーチ、それにお気に入りのギャンブル三昧で快楽に溺れる日々を体験することができます。カンクンはカリブ海にあり、ターコイズブルーの海や砂浜と共に、最高レベルのカジノゲームを備えたホテルが揃っています。